あぁ、あわら贅沢。
あわらむすびプロジェクトとは?あわらむすびプロジェクトとは?
おむすびの概念が変わる!? 異国の食文化、韓国風おむすび
2018.08.23

●チュモッパブ/Woo Kyon’s Kitchen(ウーキョンズ・キッチン)

 2017年6月にオープンした「Woo Kyon’s Kitchen(ウーキョンズ・キッチン)」。板張りのおしゃれな外観が目をひくこのお店では、昼はイタリアンのランチセット、夜はイタリアンをメインに和食や韓国料理のエッセンスも取り入れた創作料理を味わえます。味にもビジュアルにもこだわった料理を作っているのは、店主の金沢慶浩さん。今回、考案してくれたおむすびは、なんと韓国風! その名も「チュモッパブ」です。

 「チュモッパブ」とは韓国を代表するおむすびのこと。さっそく出していただくと、ごはんと明太子、キムチ、卵黄、野沢菜が盛られた小さな丼が。…あれ? これ握られていないんですけど…?? 「チュモッパブは日本のおむすびとは違い、食べる人がごはんと具材を手で混ぜて、自分で握ります。韓国のおむすびはだいたいこのスタイルで提供されているんですよ」と金沢さん。おむすびといえば握ってあるのが当たり前だと思っていましたが、お国が違えば食べ方も違うんですね。

 指南された通り、ごま油をご飯にかけ、ビニール手袋をして、ご飯と具材をマゼマゼ。指先や手のひらに伝わるご飯の感触がなんだか新鮮です。混ぜ終えたら、お寿司のシャリを握るように片手でごはんを握り、韓国海苔を巻いていただきます。ごま油の風味、キムチや明太子の辛み、野沢菜のシャキシャキとした食感が合わさって、まさに韓国の味!韓国ではカップルや友人同士で食べることが多いという「チュモッパブ」、親しい人と一緒に握って、異国の食文化を味わうのも楽しそうです。

■商品情報

 販売期間:2018年8月18日~31日

 価格:500円(税別)

■店舗情報

 Woo Kyon’s Kitchen(ウーキョンズ・キッチン)

 住所:温泉5-1302 ハイム松月

 電話番号:0776-65-6124

スポット情報
近くにある他のスポット
    あぁ、あわら贅沢。